お母さんになるために

出産の基礎知識

月数と週数の関係

月数と週数の関係

妊娠月数

妊娠月数は「数え」で表現します。原則として4週間(28日間)を1ヶ月の単位として計算します。
たとえば最後の月経のはじまった日から4週間を過ぎると2ヶ月目に入ったことになり、その日から4週間を妊娠第2ヶ月と呼びます。
このようにして4週間ごとに妊娠第10月まで数えます。
なお「満」と区別するために「第」の字をつけますが一般には省略されます。

妊娠週数

妊娠週数は「満」で表現します。最後の月経のはじまった日をゼロ日として、7日毎に週数が増え、40週0日が分娩予定日になります。

妊娠週数と分娩予定の修正

ふだん月経が規則正しい人(いわゆる28日型)では最後の月経のはじまった日から計算します。
しかし周期が長すぎたり不規則な人は、医師が超音波断層検査や基礎体温(排卵日)から妊娠週数と予定日の修正をすることがあります。
※出生証明書などには「妊娠週数」で記入します。

定期妊娠検診

妊娠中におこる異常の早期発見には妊婦定期検診が必要です。
妊婦さんと胎児の情報を確かめるともに、良い妊娠経過が得られるように血圧、尿糖、尿蛋白や血液などの諸検査を行います。
また、当院では特に早産の予防に注意し、産道感染症、NST、早産マーカー等の検査を積極的に実施しています。

定期妊娠検査

妊娠初期~妊娠23週まで 2~4週間に1回
妊娠24週以降 2週間に1回
妊娠36週以降 1週間に1回

その他、諸検査

胎児に影響する感染症の血液検査(梅毒・肝炎、ATL、エイズ・風疹)の他に。
甲状腺機能検査、心電図検査、糖負荷試験(必要な人のみ)を実施しています。
また、希望者には羊水検査を実施しています。

つわりについて

つわりは、一時的なものでほとんどの場合、妊娠12週までにはおさまります。
一般的には次のような症状がよく見られます。

はきけがする。吐くこともある。
生つばがよくでる。
微熱感があって「さむけ」がする(基礎体温がしばらく上りっぱなしになる)
通常食べたいものが嫌いになり、嫌いなものが食べたくなる。
だるくなって、眠くなる。

「つわり」の時期は栄養がとりにくいものですが、次の点に注意しますとお食事がよく召し上がれます。

  • 食べたい時に食べたいものを食べましょう。
  • お腹を空かすとかえって吐気が出ますから、2~3時間おきに少量づつ食べましょう。
  • 熱いものよりも、少し冷やした方が「におい」が少なく感じ召し上がりやすくなります。

流産、早産しないために

妊娠22週未満の分娩を流産、37週未満を早産と呼びます。

流産のほとんどは妊娠12週未満の早期流産で、その原因の多くは受精卵の異常によるものです。
早産の原因は子宮奇形や筋腫、多胎妊娠などを除いて、絨毛膜羊膜炎による破水(前期破水=PROM)が原因になることがあります。
当院では早産を可能な限り防止するために、早産マーカーや産道の感染症の検査を実施しています。

流産、早産をしないための日常の注意

  • 下腹部を冷やさないこと、急に腹圧の入る動作をしないこと。
  • ゆれる乗り物に乗ったり、殊に車で遠出、バス旅行、頻繁に自動車に乗ったりしないこと。
  • 長い時間を歩くこと、階段の頻繁な昇り降り、ハイヒールを履くことは避けましょう。

お電話でのご予約

TELお電話でのご予約042-642-5225

午前9時~午後5時(日曜・祝日は除く)

WEB予約

※はじめて診察を受ける方は診療予約のご案内をご覧ください。
※診察券をお持ちの方はweb予約システムをご利用ください。

予約受付時間

※外来診療の日時(祝日を除く毎週月曜~土曜の9:00~14:00)でご予約頂けます。

当院では診療予約受付システムを採用しています。アットリンクは株式会社オフショアの登録商標です。

米山産婦人科病院

〒192-0065
東京都八王子市新町2-12

TEL 042-642-5225
※お気軽にお問い合わせください。

スタッフ募集
tel

お電話でのご予約

042-642-5225

午前9時~午後5時(日曜・祝日は除く)

※再診の方は、お手元の診察券を
ご用意してお電話ください

web

WEB予約システム

携帯・スマートフォンの方は
QRコードよりアクセス可能です